スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神流マウンテンラン&ウォークその③

はい!こんちゃしづまろです。
ようやく神流マウンテンラン&ウォークのラストです。

って事で何の練習もせず講習も受けず
山にトライした我々。

27kmの部最初のエイドを過ぎてついにトレイルに突入!

人一人が通れる山道を歩いて登ります。
速度に差があるので遅い人は山側によけて後続のランナーを
先に通します。

トップランナーはこんなところでも走るのかな?
真似しようと思っても

引力がある限りここを走るのは無理!!!

って思うんですけど!

DSC_1335.jpg

ある程度進むと混雑もまばらになるんですが
ちょっと靄がかかってきてぼっちになると結構怖い…。

待ってくれーーッ!!行かないで~!!(」°ロ°)」オーイ!!

1352593049960.jpg

このあとめっちゃ細いコースになって(両足を並べて立てない位)
写真をとる余裕が無くなりました…。

なんとか熊除けの鈴の音と木の枝に結ばれたリボンで
コースを確認しながら進みました。

橋倉集落から七久保橋倉線合流までものすごい急な登りで
手も使って這い登るしづまろ。ロープは握り締めました。
昨日商店で100円の軍手を買っていて本当に良かった…。
薄いランニング用の手袋では大変な事になっていたでしょう…。

1352595271274.jpg


1352595203596.jpg

で、ちょっとロードに戻ってトイレも済ませて
緩やかな下り坂を走る。
既に足が変な感じになってるけど。

そうして再びトレイルにイン!!
9.4km地点から12.8kmの南小太郎登山道分岐まで
500mから900m位まで登ります。
ちょっと耳がキーンと詰まってくる感じもありつつ

とにかく行軍!!!

1352596257367.jpg

ほんとにここののぼりは苦しかったのですが
鏑木さんの応援メッセージが時々あるので
元気が出ます。

『この道がUTMFへ続く道!』ってのもあったww

頂点に達して素晴らしい眺めをチョビット楽しんだら
恐ろしい下りが続きます。

トレイルの醍醐味は下りでしょうか?
慣れない私はただひたすら腰を引いて後ろに
重心をかけゆっくりゆっくり歩くんですが
後ろから合流するスーパーシングル部門や
ロング部門のランナーが熊鈴を鳴らしながら
凄い勢いで追い越して行きます。
ただ細いコースなので一声かけて前方の人間がよけてから…。
追い越すときも
「ありがとう!」「ゴールで会いましょう!」などと
声をかけます。

やっぱり参加者全員で協力しないと
怪我人が出るスポーツなのでその辺はほとんどの
ランナーは(特にベテランの方々)は紳士的で
あったかかったです。

木の幹にしがいみついて避ける私もできるだけ
後方から「がんばって!「ナイスラン!!」と
声をかけさせて頂きました。
下り坂も怖過ぎて写真が撮れませんでした。

1352599834503.jpg

そうして到着したミドルコースの唯一の関門
『持倉集落』でのエイドです。
制限時間は13:30でしたが11:00過ぎには到着できました。
8世帯12人の集落ではお母さんたちが手打ちのお蕎麦を用意してくれていて
それがとても美味しくて感動で2杯食べました。

1352599895969.jpg
1352600250728.jpg

「天空の集落」って書いてありましたが本当に
山の上で静かで神秘的な場所でした。ここでずっと
生活してきた人がいるって不思議だなぁ…。
そして想像できないくらい大変なんだろうなぁ…。

1352600349039.jpg

なんか顔丸くてスミマセン(^▽^;)

絶景ポイントで写真を撮ってもらって施設エイドの縁側で
みかんとチョコを頂き再び走り出します。
太ももの前側はバキバキになっていて
これからどうなるんだろう…と心配になりつつも
あと10kmで終わりなのかとさびしくなる私。

たいてい走り終わってからはまた出たい大会だったなぁ
なんて思う事は多いんですがレース最中は
そんな事思う事がめったに無かったのに。

1352602040811.jpg
感慨ふ更けるまもなく自然の洗礼を受けるしづまろ。
すべり尻餅をつき
『うほぉあッッ!!』と変な声を出す。

それでもだんだん神経が研ぎ澄まされてきて
木の根っこを飛び越えたりかなり細い場所でも走ったり
できるようにもなりました。
靴の中は砂や落ち葉まみれだけど
楽しい!!!

1352604636452.jpg

どこがコースかわかりますか?

DSC_1359.jpg


うっっひょーーー!!!きもちえーーッ!
今私ってば森と一体化してる!ケモノのように駆けてる!!!って
感じです。

『極上のトレイルはこうゆうもの by鏑木毅』って
メッセージ通りのコースでした。

で浮かれて酔いしれてたのもつかの間
千軒山から城山を通って国道に合流するまでの恐ろしい
下りでまた木の幹にしがみつき
砂まみれに滑り落ちるしづまろなのでした。

ロープにしがみつき後ろ向きで足をそろりそろりと
下ろしていると後ろのおじちゃんに

『だめだめ!前傾姿勢でつっこまなきゃ!』って
言われたww

無理!!!!!



そんなこんなで足はもう感じた事のないような
新しいタイプの筋肉痛、白木屋のような激痛の中、神流町に
戻ってきました。

1352607577265.jpg

この黄色のウェアの方とは後半ずっと一緒で
色々話しつつ坂を転がってたんですが
「その訛りはどこから?!」って聞かれました。
ベンザブロックのCMみたいだね。
大阪からって言ったら驚いてらしたwwですよねーww

1352607581600.jpg


最後のエイドでおでんを食べて(感動で泣きながら)
蒸かし芋を握り締めてゴールに向かってロードを走ります。。。

終わりたくない!!!


心底思いました。

でもゴールはきちゃいます。
初トレイル神流マウンテンラン&ウォーク27kmの部
約5時間30分で無事完走(踏)致しました。

ゴール地点には鏑木さんが居てくれて
ハイタッチ(芋握っていたから左手でw)
完走の証のタオルを貰って豚汁を食べて
冷えてドロドロのウェアを着替えました。

1352608510918.jpg


足の爪まで泥で真っ黒ワロタ

そうこうしていたら
弟タモンがゴールしました。8時間くらいでしょうか。
スーパーシングルの選手と合流した辺りから探していたのですが
会えなくてどうしたんだろうと思っていたのでほっと一安心。

山の中は携帯の電波もないですし。

下りで思いっきり転倒したそうで
cw-xのタイツが破けて膝が血まみれになっておりました(゜O゜;
そしてトップランナー達の下りへのブッコミが恐ろしいと
震えておりましたwwちょっとしたトラウマだってww

お互いの健闘をたたえあいつつも
トレイルを甘く見ていた事を反省しつつ
町の人に感謝を告げて
一路大阪に帰ったのでした。(7時間)


神流町の皆さま・関係者の皆さま・鏑木毅様・
ボランティアの皆さま・選手の皆さま 
本当にありがとうございました!!

願わくば来年も参加できますように。

もう一回

ありがとうございます!!最高のトレイルでした!!
スポンサーサイト

テーマ : トレイルラン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

しづまろ

Author:しづまろ
MAX88kgから自己流ダイエット!今はレスミルズが大好き!アタック、シバム、ステップ、コンバット・パンプ。目標体重まであと-5kg。
美味しいものとお酒も大好きv
マラソンも時々挑戦。 
自転車も買いました。TREK の7.4FX。まだまだ
乗りこなせてません(^。^;)             でも走った後のビールは最高!
沖縄も大好き。

2014年6月に乳がんが見つかり 
2回の手術で全摘出&再建中。            抗がん剤中。もっか全ハゲ中。           ●マラソン日程●                 2015年                    5月28日                      大東京ウルトラマラソン                                       6月20日                    丹後サンセットビーチマラソン                                    6月28日                    たい焼きウルトラピクニック                                     9月20日                    歴史街道丹後ウルトラマラソン   

走ろう♪
【東方】ゆっくり霊夢時計
ついったー。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
「小倉百人一首」
問い合わせ先
FC2カウンター
月別アーカイブ
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。